レーザー治療での注意点

レーザー治療を受ける際に気をつけたいのが紫外線対策です。美肌治療では欠かせない存在になりつつあるレーザー治療ですが、注意しなければならない点があります。ここでは、レザー治療を受ける際の注意点について、ご説明します。

まず、レーザー治療後の肌は、非常に敏感になっていて、施術前より色素沈着しやすくなっています。色素沈着を予防する為にも、普段以上に紫外線対策をしなければなりません。日焼け止めやマスク、帽子などでしっかりと対策しましょう。
次に、刺激を与えてはいけません。入浴の際は、普段より温めのお湯で洗顔するようにし、ゴシゴシと力を入れて擦ったりせず、優しく洗うようにします。湯銭につかる事も控え、入浴はシャワーのみとします。また、サウナや激しい運動も、控えます。
そして、レーザー治療後はかさぶたが出来る場合があります。無理に剥がすと出血したり、まだ再生されてない肌がむき出しの状態になり、衛生上良くありません。1週間ほどで自然と剥がれ落ちますので、無理矢理取ったり、擦ったりせず、剥がれ落ちるのを待ちましょう。
また、処方された薬は最後まで飲み切り、軟膏も使い切りましょう。炎症を抑制したり、細菌の増殖を防ぐ為にも自己判断で辞めず、必ず医師の指示に従って下さい。

効率的に、安全に美肌治療を受ける為に、守るべき事はきちんと守り、セルフケアもきちんと行いましょう。