エイジングケアとは

エイジングケアとは、加齢による肌トラブルのお手入れをするという意味です。若い時は気にならなかった人でも、年齢を重ねると様々なトラブルに悩む人が多く現れます。ここでは、エイジングケアについてご説明します。

エイジングケアではまず、紫外線予防をしっかり行う事です。シミやしわ、たるみは多くが紫外線が原因とされています。季節を問わず、普段からUVケアをきちんと行う事で、この先の肌もだいぶ変わります。
次に、乾燥を防ぐことです。年齢を重ねる旅に、肌の水分量は減っていきます。洗顔をする時は熱いお湯で洗うと乾燥してしまうので、ぬるめのお湯で洗います。また、拭き取るタイプのクレンジングの場合、強く擦る事で肌に負担をかけ、乾燥などを引き起こしてしまいます。コットンをぬるま湯で濡らすなどして、優しく拭き取るようにして下さい。
クレンジング、洗顔後は、素早く化粧水、乳液をつけて乾燥を防ぎます。また、最近では、酸化よりも糖化が肌の老化を早めるとも言われています。糖化とは、タンパク質と糖が結び付き、糖化したたんぱく質が蓄積され、血管や真皮を硬くし、老化させます。肌トラブルを起こすだけでなく、糖尿病や肥満などの成人病も引き起こします。
糖化する原因としては、早食いによる食べ過ぎや、糖質のものを好んで食べたり、運動不足による代謝低下から糖化作用が過剰に働き、肌の老化を早めると考えられます。また、自分ではケアしきれないエイジングケアでは、美容皮膚科などで施術してもらう事をお勧めします。短期間で効率的に結果が出せ、カウンセリングも入念に行ってくれるので、安心して受けられます。

エイジングケアの基本は、バランスの良い食事と適度な運動、紫外線予防です。これらの点に注意し、きちんとエイジングケアを行いましょう。