月別: 2017年4月

レーザー治療での注意点

レーザー治療を受ける際に気をつけたいのが紫外線対策です。美肌治療では欠かせない存在になりつつあるレーザー治療ですが、注意しなければならない点があります。ここでは、レザー治療を受ける際の注意点について、ご説明します。

まず、レーザー治療後の肌は、非常に敏感になっていて、施術前より色素沈着しやすくなっています。色素沈着を予防する為にも、普段以上に紫外線対策をしなければなりません。日焼け止めやマスク、帽子などでしっかりと対策しましょう。
次に、刺激を与えてはいけません。入浴の際は、普段より温めのお湯で洗顔するようにし、ゴシゴシと力を入れて擦ったりせず、優しく洗うようにします。湯銭につかる事も控え、入浴はシャワーのみとします。また、サウナや激しい運動も、控えます。
そして、レーザー治療後はかさぶたが出来る場合があります。無理に剥がすと出血したり、まだ再生されてない肌がむき出しの状態になり、衛生上良くありません。1週間ほどで自然と剥がれ落ちますので、無理矢理取ったり、擦ったりせず、剥がれ落ちるのを待ちましょう。
また、処方された薬は最後まで飲み切り、軟膏も使い切りましょう。炎症を抑制したり、細菌の増殖を防ぐ為にも自己判断で辞めず、必ず医師の指示に従って下さい。

効率的に、安全に美肌治療を受ける為に、守るべき事はきちんと守り、セルフケアもきちんと行いましょう。

レーザーを使用した美肌治療

美容皮膚科で行うレーザー治療は、様々な種類の肌トラブルに有効的です。ここでは、レーザーを使用した美肌治療について、ご説明します。

レーザー治療では、肝斑、色素沈着などのシミ、しわ、毛穴トラブル、ニキビ治療に有効的です。以前は、ほくろやシミなどを除去するには切開手術などを行っていましたが、技術が進歩し、現在では切開せずにレーザーで治療出来るようになりました。レーザー治療は、患部のみにレーザーをあて、瞬時に蒸発させます。傷跡も残りません。レーザー治療は、まず、目をレーザーから守る為の専用のゴーグルを装着して、メイクをしてない状態でレーザーを当てていきます。ゴムを弾くようなパチパチとした痛みを伴いますが、我慢できる痛みです。施術頻度は1週間に1回で、4、5回を1クールとし、施術時間は1回約10分程度です。施術後は、若干赤みが出ますが、数時間すると元に戻ります。肝斑やシミを薄くするには複数回行う事が必要ですが、ハリやツヤなどの肌の効果は1回目から実感する事が出来ます。

肌トラブルを改善させるレーザー治療は、条件を満たせば、誰でも気軽に行えます。痛みも少なく跡も残らず、1回の施術が短時間で終わる事から、非常に理想的な治療方法と言えます。

『参考HP』美容皮膚科……レーザー治療の症例が豊富なシロノクリニックです。

注射による美肌治療

美容皮膚科で行われるエイジングケアにも、様々な種類があります。注射やレーザー治療、光治療など豊富な施術法で美しい肌へと改善させます。ここでは、注射による美肌治療についてご説明します。

まず、プラセンタ注射です。体内では少量しか生産されず、加齢と共に減少していくアルファリポ酸は、ビタミンB、Cの400倍という強力な抗酸化作用で、細胞の老化を防ぎます。また、水や脂に溶けやすく、吸収されやすい性質を持ち、若々しい肌を保つだけでなく、生活習慣病などの予防にもなります。
次に、にんにく注射です。にんにく注射は新陳代謝を高め細胞を活性化させる事で、疲労回復や風邪予防、夏バテ防止、冷え性改善など様々な効能をもたらします。また、にんにくはビタミンB1を主成分としており、粘膜や皮膚の若返り、不規則な生活習慣による肌荒れなどに効果があります。
そして、ビタミン注射です。健康的できれいな肌にする為に、欠かせない栄養素となるのが、ビタミンです。ビタミン注射では、ビタミンCやビタミンBなどの肌に有効とされる成分が主流です。皮膚や粘膜の保護、代謝促進となるビタミンB2、皮膚炎予防や免疫力アップのビタミンB6、メラニン生成の抑制、美白効果、コラーゲンを増加させるビタミンCなどが多く含まれます。

美容注射は、肌だけでなく、身体の様々な機能に有効とされています。健康的に美しくありたい人には、美容注射をお勧めします。

エイジングケアとは

エイジングケアとは、加齢による肌トラブルのお手入れをするという意味です。若い時は気にならなかった人でも、年齢を重ねると様々なトラブルに悩む人が多く現れます。ここでは、エイジングケアについてご説明します。

エイジングケアではまず、紫外線予防をしっかり行う事です。シミやしわ、たるみは多くが紫外線が原因とされています。季節を問わず、普段からUVケアをきちんと行う事で、この先の肌もだいぶ変わります。
次に、乾燥を防ぐことです。年齢を重ねる旅に、肌の水分量は減っていきます。洗顔をする時は熱いお湯で洗うと乾燥してしまうので、ぬるめのお湯で洗います。また、拭き取るタイプのクレンジングの場合、強く擦る事で肌に負担をかけ、乾燥などを引き起こしてしまいます。コットンをぬるま湯で濡らすなどして、優しく拭き取るようにして下さい。
クレンジング、洗顔後は、素早く化粧水、乳液をつけて乾燥を防ぎます。また、最近では、酸化よりも糖化が肌の老化を早めるとも言われています。糖化とは、タンパク質と糖が結び付き、糖化したたんぱく質が蓄積され、血管や真皮を硬くし、老化させます。肌トラブルを起こすだけでなく、糖尿病や肥満などの成人病も引き起こします。
糖化する原因としては、早食いによる食べ過ぎや、糖質のものを好んで食べたり、運動不足による代謝低下から糖化作用が過剰に働き、肌の老化を早めると考えられます。また、自分ではケアしきれないエイジングケアでは、美容皮膚科などで施術してもらう事をお勧めします。短期間で効率的に結果が出せ、カウンセリングも入念に行ってくれるので、安心して受けられます。

エイジングケアの基本は、バランスの良い食事と適度な運動、紫外線予防です。これらの点に注意し、きちんとエイジングケアを行いましょう。